いいとこ取り!オイルジェルってどんなもの?

するりら小町はオイルのような滑らかさと、ジェルのようなプルッとした感触を併せ持つ新感覚の脚用マッサージ美容液です。
オイルとジェルを混ぜ合わせた様な、とろりとした感触だけでなく、効果の面も2つの良いところを受け継いでいます。
一般的にオイルは肌との相性がよいと言われており、マッサージに使用しても摩擦による肌ダメージが少ないと人気です。
また、お肌を柔らかくする効果があるので、有効成分を中までじっくりと浸透させることができます。
オイルは肌表面の保湿や、肌内部の水分の蒸発を防ぐ効果も併せ持っているので、化粧品等でよく使われています。
ただオイルは塗り終わった後のベタベタ感や、伸びの悪さから敬遠されることもしばしばあります。
そんなオイルのマイナス面をカバーするかのように開発されたのが、するりら小町のオイルジェルです。
ジェルには、伸びがよく使いやすいという特徴があります。
脚などの広範囲のマッサージには、この伸びの良さが欠かせません。
ジェルの使用感はしっかりと保湿というよりも、どちらかと言えばとスッキリしている場合が多いです。
しかしオイルジェルではオイルのこっくりとした保湿成分が、ジェルの潤いと美容成分を一緒にしっかりと閉じ込めてくれます。
まさにいいとこ取りの新しい美容液が実現したのです。

 

憧れの美脚にはオイルジェルが効果的

 

するりら小町がオイルでもなく、ジェルでもない、オイルジェルにこだわった理由がなんとなくわかったと思います。
しかし、こだわりはそれだけではありません。
するりら小町は、美脚に効果的な植物由来のオイルと保湿ジェルを厳選して取り入れています。
配合されているのは、美容オイルの代表格であるホホバオイルを始めサイプレス、ジュニパーベリー、ゼラニウム、シダーウッド・アトラスと言った5つのオイル。
それらは脚をキュッと引き締める収れん効果や、むくみ解消のための血行促進効果があると言われています。
ジェルも、濃厚な保湿効果とアロマ効果も期待できる優秀なものばかり。
ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタのように言わずと知れた美容成分はもちろん。
メリロートやパッションフルーツ、レモングラスなどあまり聞きなれないのですが、むくみに効く有効成分も贅沢に配合されています。
体を温めて血の巡りをよくする効果があると有名な生姜やボタンの成分も配合されています。

 

するりら小町は脚の露出が増える春夏はもちろん、血行が滞りがちになる秋冬もオールシーズン手放せない逸品です。

次のページについて

 

次のページでは、するりら小町に使われている、美しい脚のために最適な「オーガニックオイル」についての説明をしています。
ほかのものと比べて、なぜするりら小町に使われているオーガニックオイルが効果的なのか、解説をしています。ぜひ読んでみてくださいね。

 

次のページを見る